三津谷葉子
(みつやようこ) [1984年11月8日生まれ}

13才で芸能界デビュー。グラビアアイドルとして活躍していたが、テレビ、CMと活動の場を広げ、NHK教育の「ハングル講座」(03)にもレギュラー出演した。近年は映画出演が続いており、今後は女優として更なる飛躍が期待される。主な出演作品に行定勲監督『Seventh Anniversary』(03)、倉持健一監督『クック・ミー・ソフトリー』(04)、石田秀範監督『劇場版仮面ライダーブレイド』(04)、李相日監督『69(sixty nine)』(04)、西山洋一監督『グロヅカ』(05)、山口雄大監督『楳図かずおの恐怖劇場〜プレゼント〜』(05)。舞台『日ノ丸レストラン』(05)ではヒロインを演じた。2006年、江川達也の大ベストセラー漫画の完全映画化『東京大学物語』のヒロイン・水野遥役に大抜擢された。その他、園子温監督『紀子の食卓』などが公開予定。

大谷允保
(おおたにみつほ)[1982年12月23日生まれ]

テレビ、CM、舞台と多岐にわたり精力的な活躍を見せ、2000年の鈴木浩介監督『エコエコアザラク』、大森一樹監督『走れイチロー』で映画の世界へ入る。その後、室賀厚監督『GUN CRAZY Episode3−叛逆者の狂詩曲』(03)で華麗なガンアクションを披露し注目を集め、今年3月に公開された西村了監督『WATERS』(06)にも出演。またテレビ朝日の木曜ミステリー『京都地検の女3』のレギュラーとして活躍。





重泉充香
(しげいずみみか)[1982年10月8日生まれ]

ファッション誌「Cawaii!」「RAY」の専属モデルとして活躍。yoshi監督『DEEP LOVE アユの物語 劇場版』(04)では、1600名からの一般オーディションにてアユ役に大抜擢され、映画デビューを飾る。また、堤幸彦監督が演出した人気深夜ドラマ「加藤家へいらっしゃい!」(04)では主演し、初めてコメディにも挑戦した

二階堂智
(にかいどう・さとし)[1966年3月25日生まれ]

数多くのテレビドラマやCF、映画など多岐に渡り活躍。ハリウッド大作「ラストサムライ」(03)では下士官役を熱演し高い評価を得る。近作は「ワイルド・フラワーズ」(04)「M−1グランプリへの道 まっすぐいこおぜ!」(04)「最終兵器彼女」(06)など。また今年のカンヌ国際映画祭のコンペ部門に出品された「BABEL(バベル)」(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)では、主演のブラッド・ピット、役所広司と共演、カンヌ国際映画祭のプレミア試写にも招待されるなど国際的な活躍を見せる。。





松田悟志
(まつだ・さとし)[1978年12月16日生まれ]

1998年第11回JUNONスーパー・ボーイ・コンテスト出場をきっかけに芸能界入り、翌年WOWOW「天然少女萬NEXT〜横浜百夜篇〜」で俳優デビュー。2002年「仮面ライダー龍騎」の秋山蓮(仮面ライダーナイト)役で主演し、注目を集める。
以後、テレビ東京「ヴァンパイアホスト」、TBS「虹のかなた」、TBS「ホットマン2」ほかTVを中心に活躍中。2005年には初の主演舞台「Hi!Jack!!〜やぁ!ジャックさん!!〜」と同時に主演映画「一生の?お願い」(05)も公開。ほか近作は東野圭吾原作「変身」(05)、映画版「電車男」(06)、「大きな古時計」(06)、「TAKI183」(06)、舞台「アンラッキーパンプキンズ」など。



木下あゆ美 / 大西結花 / 山本美憂 / 川地民夫 遠藤憲一




©「クール・ディメンション」フィルム・パートナーズ